役場に直談判も

2018.02.14.22:15

余りにも不条理な告知だと憤っていた

担当部署での対応如何では町長へ直訴しよう

それでも解決しなければ県庁へ問題提起してみよう

正式文書に近いものを作成して役場の介護係へのりこんだ


担当者に思いの丈をぶつけた

個人的に目にする事が出来ない関係書類も確認した

色々と確認していく内に問題は町役場では無いと分かった

更に上の県庁の問題でもないだろう事が容易に推認できた

頭でっかちな国の役人が言い出した事なんだろうか


「おむつ使用証明書」の代わりに町が発行する「主治医意見書確認書」で

おむつ代を医療費控除として受ける事が出来るという告知だった

端的に言えば医師が発行する有料の「おむつ使用証明書」でなくても

無料で町が発行する「主治医意見書確認書」で代用できるのだ

医療費、介護費とも負担がずっしりとくる生活だから無料は有難い

良い制度が出来たものだと喜んだが腑抜けな制度だった

おむつ使用証明書は貰えるのに主治医意見書確認書は貰えない

ハードルの高い証明書が取れるのにハードルの低い証明書が取れない

訳の分からない腑抜けな制度とはこの事だと思う


主治医に従来通り「おむつ使用証明書」を発行してもらえば済む事だが

何故こんな制度が出来たのだろうか疑いたくなる

生活自立度が寝たきり状態なのか、そうでないかが判断の根本に有った

例え365日オムツを使用しなくてはならない状態でも

生活自立度が寝たきり状態でない限り「主治医意見書確認書」は出ないのだ


でも介護係で確認していく内に町の介護係の手違いでは無かった

その事がハッキリと分かったので私の気持ちは逆にスッキリとした

町役場の職員さん長時間さいてくれて有難う

決められた事を忠実に遂行しているのに

苦情を言われれば聞かなければならないのに

腑抜けな制度の一番の被害者は担当職員さんかも知れない



   妻のサポートをシッカリとやっていきます
   励みになるのでクリックして応援して下さーい

   banner.png              

   夫婦二人暮らし ブログランキングへ

スポンサーサイト

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

自己保身の極みなのか

2018.02.11.11:16

確定申告が近づいているので少しづつ準備を進めている

先日配布された町の広報では今年から少し変わった点がある

●明細書を提出するだけで領収書を添付しなくてよい

 但し5年間は領収書を保存しておかなければならない

5年間分の領収書を住民個人に保管する事を義務付けるのが
申告手続きの簡素化とは思えない、一年毎にケリがついていた
従来の方が間違いなく簡単、簡潔だ
年配者の方なら生存の有無も影響するのに・・・

●今までは主治医発行のおむつ使用証明書(有料)を提出していたが

 今年から町発行の主治医意見書確認書(無料)で代用できるとある

今までのように病院に行って有料で証明書を書いてもらわなくても
町が簡素化して無料でその代わりとなる主治医意見書確認書を
発行してくれ、それで確定申告出来るようになったんだと思った


そう思って妻がデイサービスの日に町の介護係りの窓口に出向いた

住民の為に簡素化したの・・か?・・・どっこい違った

イライラ、ムカムカさせられて帰宅することになった

窓口担当者の言い分は

昨年度のオムツ使用証明書のコピーが介護係りに届いていない
から主治医意見書確認書は発行できないという


私の言い分は

前年度の確定申告前に主治医からオムツ使用証明書を出してもらい
確定申告を無事に済ませている
税務課と介護係りの両方にオムツ使用証明書が必要だとは
どこにも書かれていなかった

オムツ使用証明書のコピーが介護係りに届いてないというのは
町役場内部の問題ではないのか?
事前にコピーでいいので介護係りにも提出の事と何故書かないのか?

役場のシステムを熟知している町民などほとんど居ないと思う

次に担当者が言い始めた事は

主治医意見書の中に尿失禁にチェックがなされていない
自立度のランクがBになっていない

ここまで聞くと腹が立ってきて、ムカムカしてきてしまう
いつの日付の書類を見ているのか?
要介護5(全介護)なのに自立度がAもBも関係ないだろうが!!!

もういい、主治医の所でおむつ使用証明書を発行してもらから

昨年度の要介護認定で介護度5になっている
今年は要介護認定審査を省略しますと言われてる・・・

担当者はそれだったら主治医意見書確認書は発行出来ないから

次回もおむつ使用証明書を取って下さい


もうムカついてこの記事を続けるのもムカムカする



   妻のサポートをシッカリとやっていきます
   励みになるのでクリックして応援して下さーい

   banner.png              

   夫婦二人暮らし ブログランキングへ

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

いざ確定申告に

2017.02.27.11:30

   今日の午後に町職員が確定申告の受付に来てくれる

     準備万端なので昼一番には申告に出掛けよう

  デイサービスの月曜、天気が良いので洗濯機も3回回した

                     

 今迄は年金収入だけの私には、あまり関係無いと思っていた

 以前確定申告をしていた時、職員が言った言葉が頭に有った

    ご夫婦の年金収入は町で全て把握できています

こう言われたら経費と云っても医薬品を10万円も買っていないし

        医療費も10万円も払っていないし

デイサービス費は介護保険を使用しているから経費には計上出来ないし

    確定申告する事で得する事が何もないと思っていた

      だから4~5年の間申告をしてこなかった

         ・・・ で も ・・・

 毎年の様に臨時福祉給付金という低所得者に国から支給されるものが

          過去一回も支給されていなかった

    私よりも明らかに裕福な人達が貰っていると聞いた事も有る

           昨年は町に確認に行った

    扶養控除等が妻一人だけでは町税の支払いが発生します

   臨時福祉給付金などは支給される対象となりませんと言われた

       保険とか医療費とか医薬品とかを申告されると

    その分の税金は還付される事は有りますけどねと言われた

    僅かの税金しか払っていないので、それを返して貰うのには

   面倒くさい手間だけで申告しても「しゃ~ないな~」と思っていた

         ・・・ で も ・・・

 最近、町の広報で妻が高度障害者控除対象者かも知れないと思い

          町の税務課他担当部署に確認に行った


    即答を貰えなかったが担当者同士で確認を進めていくと

     妻が高度障害者控除対象者である事が確認出来た

  この事に依り医師発行の「オムツ使用証明書」等を提出すれば

  紙パンツや尿取りパッドも医療費控除に計上できる事が分かった

       これで生活弱者を見直して貰える事が出来そうだ



   妻のサポートをシッカリとやっていきます
励みになるのでクリックして応援して下さーい

   banner.png              

   夫婦二人暮らし ブログランキングへ













theme : ちょっとした出来事
genre : 日記

医療費控除申請サポートシステム

2017.02.13.14:34

   室内越冬中のシンビジュームが1~2輪開花を始めた

   花芽に気付いてから3週間以上かかった様な気がする

IMG_2646_edited-17.jpg

     妻がデイサービスの月曜日、近くのゴダイドラッグ

   先日の記事で紹介した迅速な対応をしてくれたゴダイドラッグ

医療費控除申請サポートシステムをエリアマネージャーが丁寧に対応してくれた

    年間に購入した介護用品医薬品を個別にリストアップし

     それぞれの明細に就いて領収証明書を発行してくれた

             ゴダイドラッグさん有難う

             このシステムを利用すれば

 購入の度に医療費控除対象品だけの領収書を発行してもらう必要が無く

     確定申告の際の強力なサポートシステムだと感じた

  申込書に記入し手数料200円とポイントカードを提示すれば

     確定申告に使用できる領収証明書を発行してくれる

                     

     天気が良かった日曜に4鉢だけバラの植替えをした

       一月中に済ませたかったが思う様にいかない

     先ずはこのクラッシックつるバラふれ太鼓から始めた
IMG_2625_edited-22.jpg

     鉢から抜き出すと根が回っているのでほぐしてやる
IMG_2640_edited-22.jpg

  底の方の回り込んだ根を取除くと鉢底ネットも回り込んでいる
IMG_2642-22.jpg

新しい鉢に鉢底石、赤玉土、バラ用元肥、赤玉土、バラ専用土を入れる
IMG_2643_edited-22.jpg

   つるバラは先日準備した洗濯物干し台のラチス部に置いてやった

       まだ氷点下の最低気温が有ると予想されるので

         ワラ代わりの枯草を株元に置いてやった

    残りの鉢も2~3日の間に植替えしなければと焦ってしまう



   妻のサポートをシッカリとやっていきます
励みになるのでクリックして応援して下さーい

   banner.png              

   夫婦二人暮らし ブログランキングへ






























theme : ちょっとした出来事
genre : 日記

プロフィール

久仁

Author:久仁
古希世代夫婦、認知症の妻に恩返し中、問題行動もわんこ達に助けられながら楽しく笑って暮してるよ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR