FC2ブログ

穏やかに過ごせて

2019.10.31.20:01

運動機能までも失う認知症の最終段階

歩く事はもとより、立つ事させ出来なくなったが

まだまだ寝た切り状態にはさせたくない

ベッド生活にはさせたくないと思い

この車イスで日中は過ごさせる

穏やかな日には、このまま散歩にも出掛ける

顔の表情も、この様に穏やかな事が多い

テレビ等で報道される様な荒れ狂った状態はまるで無い

IMG_5997-27.jpg

一時期、飲み込みが出来難くなり、

異常に増え続けていた体重もドンドンと下降したが

今はベスト体重に近いのではと思う(30年間ほど37Kgだった)

食べさせるにも色々と工夫は必要だったが

今は割合何でも食べてくれている

特に最近始めた圧力鍋で炊くご飯や料理は

信じられない程、喰い付きがいい!

痩せ具合が心配だったが今は見方によるとふっくらと見える

思うに認知症でも味覚までは奪われていないのだと実感する

何故かって? 美味しいものは、よく食べる事が分かったから(笑)

下の写真は最近買った新しい圧力鍋

作れる料理の事は又、別の記事に載せようと思うが

今は毎食、この圧力鍋でご飯を炊いている

今までは炊飯器で一日分を炊いて食べていたが

その炊飯器は、今は倉庫の中へと押しやってしまった

圧力鍋の魅力を、良さを、力説したいが長い記事になるので

改めて別記事で紹介したい

IMG_5999-27.jpg

ハッキリと言える事は、同じ米なのかと思えるほど

炊飯器と圧力鍋では、ご飯の美味しさが際立って違うのだ

勿論、極端に短い時間で炊く事が出来るから電気代も当然違う

乞う次回の記事にご期待を!圧力鍋は凄いぞ!



スポンサーサイト



theme : ちょっとした報告
genre : 日記

介護用車イスの特例

2019.07.04.14:56

介護される側には最善でも、介護する側には最悪と

前記事で車イスの事を紹介しました

しかし介護保険の対象となる車イスは一人一台だと分かった

ケアマネジャーを通して特例申請を申し込んでいたが

どうやら認可されたと連絡が有った

妻の右に置いているのが間に合わせで置いているもの

IMG_5928-27.jpg

妻がリラックスしている時には左側、室内の移動には右側を使う

トイレ、洗面所、寝室へは右側のものでなければ無理である

特にブレーキが左側は後面にしかない、右側は前後から操作できる

右はトイレの入り口際まで寄れるが左は無理

先に中に入っている私が妻を引込むのに大差がでる

後に自転車こぎマシーンが移っているが私の脚の筋力づくり用

明日はジモティーでゲットした革張り二人掛けソファーをこの辺りに置く

IMG_5931-27.jpg

リビングルームの外は夏用の花が咲き始めている

初雪カズラ、ノーゼンカズラ、右側には桔梗が咲きだした

IMG_5926-27.jpg

ブロ友さんに送って頂いた種から育てている

IMG_5927-27.jpg



theme : ちょっとした報告
genre : 日記

一長一短が

2019.06.22.12:26

妻の車イス ベンツ()に変えてみた

車イスにも普通に座るのが難しくなっている

乗って居るうち、段々と寝そべった姿勢になってしまうので

イス全体を傾けたり、背もたれだけをリクライニングさせたり

足置き部だけ上にあげたり出来るので妻にピッタリだと思って

古い車イスを返却し、これをレンタル開始した

IMG_5905 (2)-28

しかし、妻にとっては最高の車イスだが

介護する私にとっては最悪の車イスだと分かった

トイレ入り口で車イスを止め、妻を中へ引き入れる時

私が先にトイレ室内に入り、車イスの妻を引き入れるのだが

室内から車イスのブレーキに届かないので、操作が出来ない

妻を車イスから引き下ろす時、足元から重心位置が遠すぎて腰を痛める



ベッドから車イスに座らせる時も、座らせる位置が奥側へ遠すぎる

だから一旦座らせて、後ろに回ってから背側に引っ張らないといけない



こんな事で、妻の為には最高の車イスだが

介護者にはチョット大変で、以前の小さい車イスの方が良かった


んで、二台レンタルを頼のもうと思ったら

介護保険は一台分しか適用できない事が分かった


しかし理由がハッキリしていれば特例も有りそうなので

ケアマネジャーが町役場へ申請書を提出してくれる事になった


theme : ちょっとした報告
genre : 日記

介護度が下がっても

2019.06.16.15:30

妻の要介護度がからに変わった

状態が改善されたと云う意味ではなく

動けなくなったので介護者が楽になっただろうと

負担が増えている点は有るけど、認定介護度は下がった

介護している内容は変わってないから、介護費用が下がるだけ良しと考えよう

(リビング前のウッドデッキに早くも夏の花、ノーゼンカズラが咲き始めた)
IMG_5900-27.jpg

介護度に変化が出た為、先日自宅で新たに三者面談が開かれた

ケアマネジャーとデイサービス先と介護者の私の三者で

基本的には何も変わらないが動けなくなった事への対応を確認しあった

デイサービス先での排泄介護は二人体制だが、自宅では私一人でやってる

いま一番体力を必要としているところだ

(これも夏の花、菊芋もどきが咲き始めた、これから長い間咲いてくれる)
IMG_5897-27.jpg

介護度の低い時は妻にも自我がいっぱい残っているので

私への精神的なストレスは大変なものが有った

その段階を上手に乗り切って今が有る

それでも精神的なストレスが無くなったわけでは無い

(手前はそろそろ終わりのヒペリカム、向向こう側に源平しもつけが咲き始めた)
IMG_5890-27.jpg

ウンチやシッコの排泄介護の精神的ストレスは軽微で

今一番辛いのは、朝食時などの介助が上手くいかない時

誤嚥の辛さを恐れている様で妻がなかなか口を開けてくれない

何も食べてなくても自然にノドの奥に溜まった自分の唾液に誤嚥する

誤嚥の辛さが分かっているから、なかなか口を開けようとしない

(源平しもつけは、一株からこのように白と赤が咲く)
IMG_5891-27.jpg

ソファーに座っている寝起きの妻の視線は天井を見ている様な体制だ

(勿論そうならない様に、背側に色々と工夫はしているのだけど)

食事はソファーの前に専用テーブルを置いて横に座って食べさせる

テレビを見ている様に正面を向いてくれたらいいのだが

上を向いたまま、唇を歯で噛んで、口を閉ざしてしまう

(アスターが夕べの雨で頭をもたげてるよ~)
IMG_5896-27.jpg

水差しの小さな先を口中に差し込み、牛乳などを少量入れても

先に溜まっている、自分の唾液を誤嚥してゲボ、ゲボっとしてしまう

朝は、いくら忙しくても時間が無くても急かしてはいけないのだけど

場合によっては、イライラから食事を乗せているプレートごと

ちゃぶ台返しの様に放り投げたい衝動に駆られるが

ここは今までの経験から何とか感情を抑えられている

(アジサイの先陣をきって柏葉アジサイが咲き始めた)
IMG_5863-27.jpg

カッ~としても6秒間まつ! 

妻の顔から目をそらしテレビに目をやったり

その間は、妻を無視して自分の食事を進める様にする

こんな状態が何度も続いているとイライラも極限になってくる

心の安定が崩れる時なのだ、いくら慣れていてもね

(挿し木から育てているツルバラ、ゆきこ)
IMG_5861-27.jpg

でも・・・でも・・・そんな私を支えてくれている心の支えは

やっぱりハーモニカやギターやカラオケや親しい人と話す事

それにより豊かな気持ちや余裕のある気持ちを持てていると思う

(こちらはドロシーパーキンス、うどん粉病に悩まされている)
IMG_5860-27.jpg



theme : ちょっとした報告
genre : 日記

介護度再認定審査を受ける

2019.05.14.22:35

IMG_5773-27.jpg
( 既に満開になっているモッコウバラ )

現在の妻の要介護度は(全介護)である

今日は介護度再認定審査で町から担当者が来宅

二年前、要介護3から一気に要介護度5となってしまったが

認知症に依り要介護5となった場合、普通は回復は望めないので

認定が継続される有効期間は二年間だと告げられていた

あれから早くも二年が経過した事になるのだが

現在の妻は寝たきりとほぼ同レベル


寝たきり状態にはさせたくない

だから無理やり起こした生活をさせていると

日頃の妻の介護状態を細やかに担当者に報告する

説明を深くしていくと泣きそうになる事が有ったが

そこは冷静に担当者に理解して頂けるように話した

IMG_5769-27.jpg
( コデマリも満開になっている )


何も出来なくなってしまったが、穏やかである事だけは救いだ

最近は嚥下が困難になる時が多くなり、誤嚥も増えている

立位はおろか、座位も保持出来なくなってきており

私の体力との勝負になっているんだと話した


妻の状況はブログに書き溜めてきたので省略するが

最後まで妻を在宅で介護するんだと決めているので

毎日規則正しい生活の中で過ごさせてやりたい

IMG_5761-27.jpg
坊さんが屁をこいた~ と笑わかそうとするが我慢している妻)


だから最低一回は車イスでの散歩に連れて出ている

勿論、500曲入っているラジオスピーカーの音量を上げて

車イスを押ししている私は、後ろで大きな声で歌ってやる

調子のいい時は、何となくリズムを取っている妻がいる


音楽療法が有効だと聞いているが

音楽は介護している私の為にもなっている

一番は介護にメリハリが付いている、楽しささえ感じる


ハーモニカを月に4回(2グループで)

カラオケを月に2回(事情を知った気の合う人と)

そして令和に入って始めたのはギター

ハーモニカを始めて一年になるが同じ様に夢中に弦を弾いている

楽譜を目で追い両手の10指を使い弦を弾きリズムを刻む

実は脳トレにはもってこいの楽器だった

今では、もっと早くに勇気を出してスタートしてたらと思う


ギターの事は先日の記事にも載せているが

心安く教科書本とギターを貸して下さったごお方が

前回のはミニギターだからと普通サイズのギターを再度私へ

わざわざペグを購入し新品に付替えされ弦も張替えして下さって

IMG_5750-13.jpg IMG_5751-13.jpg

今、私は一気にギターの心を揺さぶられる弦の音のとりこに


早くユーチューブデビューをしたいが一曲完成してからにしたい

出来れば演歌の弾き語りをしてみたいな~




theme : ちょっとした報告
genre : 日記

プロフィール

久仁

Author:久仁
介護度5の認知症妻に恩返し中、わんこ達にも癒されながら楽しく笑って暮してる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR