英会話のクリスマス会

2011.12.15.19:34

今年最後の英会話教室は、両クラス合同での料理教室でした。

初級のチェルシー先生は Shepherd' Pie を教えてくれました。
・・・ひき肉をマッシュポテトで包んで焼いた料理・・・

eikaiwa 001 eikaiwa 010

中級のレイチェル先生は Christmas Cookies を教えてくれました。
バター、タマゴ、粉末砂糖、ミルク、重曹、小麦粉を丁寧に混ぜ、こねて
棒で伸ばし、型で抜きオーブンで焼き上げて最後に食紅でお化粧します。

eikaiwa 009 eikaiwa 008

皆で頂戴しました。

最後は各自持ち寄った500円相当のプレゼントをクジ引きで交換しました。

因みに、私が引いたのは・・・No,13・・・・・498円のお寿司でした。


このブログを見て下さって有難う、このページ最後部でPREV(ious)をクリックして

以前のページも引き続き見て下さいね。

ついでに、お金は掛からないので、気に入った記事の拍手マークをクリックしてね。








スポンサーサイト

久し振りのEnglish

2011.11.24.19:23

今年度も英会話教室が始まりました。

毎年11月~翌年6月まで、月2回の英会話教室が開かれます。

初級は新任のチェルシー先生、中級は2年目のレイチェル先生です。

レイチェル先生の都合で日程が変更になったせいか?寒さのせいなのか?

参加者の出足が鈍く、最初の20分間は私とレイチェル先生の2人っきりでした

お陰さまで?・・・private lesson・・・状態でした

4月以降の私の身の回りの話や、世間話など普段の教室では出来ない様な

内容の濃いものとなりました。

私は知らなかったのですが、瀬加の谷(の庭)には柿の木が多いとか、ここら辺には

ザクロの木が見当たらないとかね・・・・・私の家には2本も有るのにね。

アメリカの方では、ザクロを女性が好んで食べると言ってました。

どうも女性の体に(美容に?)良いと言う事です。

息子達がジャムを作るからと言ったので、30個程やったと言うと残念がっていました。

8月の町の健康診断の結果、肝炎ウィルスが陽性で精密検査中で30日に結果が

分る事も話しました。

それから彼女が安芸の宮島に行った時の事や、ワイン、ブドウ酒、梅酒の事、犬の事

彼女の両親やお婆さんの事、はたまた似通った発音の単語の事、英語、米語の違い

etc.・・・・・とっても楽しい教室となりました。


話は変わってしまいますが、六月に他界した兄が死の直前に「瑞寶単光章」

叙勲の連絡を受けていながら、お役所仕事の遅さでしょうか?

本人は知らないまま他界しました。

もう少し元気な時にだったらと残念な気がします。

このブログを見て下さって有難う、このページ最後部でPREV(ious)をクリックして

以前のページも引き続き見て下さいね。

ついでに、お金は掛からないので、気に入った記事の拍手マークをクリックしてね。








新しいALT

2011.09.28.14:43

歓迎会でチェルシー先生に会ってきました。

ALT 004

とっても明るく、楽しい先生でした

広報「いちかわ」の10頁に、自己紹介(メッセージ)が載っています。

残念ながら私が見逃していました

歓迎会には30人ほど出席していました。 

1時間半でしたが、アッという間に楽しい時間が過ぎてしまいました。

ALT 003 ALT 007

ALT 008 ALT 011

ALT 009 ALT 010

ハローウィンの彫り物は、市川高校の美術の先生、山下先生の作です。

昨日のブログで紹介した児童書「ソルト ハンド」の件は、ご存知無かったです。

ついでに、英文を紹介しておきます。

メルヘンチックであり、少女とシカとの息使いが感じられる素敵な絵本です。

Salt Hands
In the night I woke up.
I heard something outside like a rustle or breath.
There was a deer under the pear tree.
The moon cast a shadow of his antlers on the ground.

I went to the door. It was dark. It was still.
The night air was warm. I didn't want to frighten the deer,
so quietly I went in and sprinkled some salt into my hands.

I tiptoed outside and stepped toward him silently.
He looked at me. His eyes were big and brown.
He watched me for a long time. I knelt on the grass.
The deer flicked his white tail back and forth.

I sang a song to him softly,while he nibbled on fallen pears.

He shook his head and twitched his ears.
He was listening to my song.
He moved closer to me cautiously.
I whispered my song. Then slowly I held out my hands.

My heart beat quickly as I sat as still as the grass,
as still as the night.

I didn't want him to run away.
There was not a sound as he came near me. He came very close.

As I looked up at him, I could see into his eyes.
They were gentle, and I knew he was not afraid.

He lowered his head calmly and sniffed my hands.
Then he tasted the salt.

For a moment I held my breath. I didn't move.
His whiskers tickled my fingers. I kept my palms still.

He licked my hands until the salt was all gone.

When he was finished, he raised his head
and turned away slowly and walked off into the night.

このブログを見て下さって有難う、このページ最後部でPREV(ious)をクリックして

以前のページも引き続き見て下さいね。

ついでに、お金は掛からないので、気に入った記事の拍手マークをクリックしてね。








ALTの歓迎会

2011.09.27.20:30

市川町国際交流協会から案内ハガキが届いています。

市川町の生徒達が外国人ALT(Assistant Language Teacher)にお世話になって

いるのです。初老の私も片言の英会話の勉強にALT達のお世話になっているのです。

今年の先生には、まだ会ってないのですが明日歓迎会に出席して会って来ます。

28日(水)19:00~20:30、役場4階、無料ですから一緒に楽しんでみませんか?

名前はチェルシー先生・・・どんな先生なのでしょうね?・・・楽しみです

チェルシーと聞いて、チョッと懐かしい思いがしています。

十年ほど前(56才の時です)、英語の勉強に目覚めていた頃、稲美町の図書館で

英語版の児童書を見つけ出して一冊丸暗記した本の作者がチェルシーだったのです。

ジェーン チェルシー アラゴンと云います。

その本のタイトルは「ソルト ハンド」、興味の有る方は、ネットで検索して見て下さい。

可愛らしいイラスト(絵)付きの、日本語で言うと物語り付き絵本ですね。

記憶力の落ち込んだ初老の私が必死で丸暗記した本です、勿論今でも暗唱出来ます。

昔話の「昔々有る所に、お爺さんとお婆さんが住んでいました」の様に英語で喋れます。

明日のブログで先生の写真と共に「ソルト ハンド」の物語を紹介します。

お楽しみに!

このブログを見て下さって有難う、このページ最後部でPREV(ious)をクリックして

以前のページも引き続き見て下さいね。

ついでに、お金は掛からないので、気に入った記事の拍手マークをクリックしてね。





Rainbow Bridge(虹の橋)

2011.05.22.12:13

2年前の今頃でした。

辛抱してたテレビも引越しを機にヤット買え、BS放送も見られる様になりました。

有名な女優がゲストで話していました・・”わんにゃんカフェ”・・という番組でした。

彼女の愛犬が突然亡くなり、ペットロスシンドロームに陥っていたとの事でした。

その時、NHKのアナウンサーが紹介したのが作者不詳の次の詩でした。

"Rainbow Bridge" (虹の橋)・・・・・勿論、日本語で紹介されたのですが

彼女はボロボロと涙をこぼし、やがて言いました。

・・・そうだったんですね・・・<そして涙を拭う>・・・

そして彼女の涙が、スッキリとしたモノに変わっていった様に感じられました。

私も犬が好きだし、感ずる所が有ったのでインターネットで調べてみました。

有りました!

日本語に訳した人其々の感性で、其々が多少の表現の違いは有りました。

私は英語に興味が有ったので、原文のまま覚える事にトライしました。

他にも沢山暗唱出来る詩や物語が有るのですが、Rainbow Bridge"は

私のお気に入りの一つです。・・・・それでは、チョッと紹介します。

日本語訳は次回のブログで紹介しますね。

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.

When an animal dies that has been especially close to someone here,

that pet goes to Rainbow Bridge.

There are meadows and hills for all of our special friends

so they can run and play together.

There is plenty of food,water and sunshine and

our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;

those who were hurt or maimed are made whole and strong again,

just as we remember them in our dreams of days and times gone by.

The animals are happy and content,except for one small thing:

they each miss someone very special,someone who was left behind.

They all run and play together,

but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.

His bright eyes are intent;his eager body begins to quiver.

Suddenly,he breaks from the group,

Flying over the green grass,faster and faster.

You have been spotted,and when you and your special friend finally meet,

you cling together in joyous reunion,never to be parted again.

The happy kisses rain upon your face;

your hands again caress the beloved head,

and you look once more into those trusting eyes,

so long gone from your life,but never absent from your heart.

Then you cross the Rainbow Bridge together.....

雨の日曜日となったので、今日は休養日になりました。

雨水タンクに雨が溜まって嬉しかったり、強風でモッコウバラの添え木が倒されて直したり

畑の水抜きをしたり、鉢植えの花達を出したり入れたり色々でした。















プロフィール

久仁

Author:久仁
古希世代夫婦、認知症の妻に恩返し中、問題行動もわんこ達に助けられながら楽しく笑って暮してるよ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR