パッションフルーツ

2013.07.31.14:38

今年は5株のパッションフラワーをグリーンカーテンとして育ています。

大分成長してきましたが、未だ花(トケイソウ)は咲いていません。

しかしながら、植え替え直後に狂い咲きでしょうか一輪だけ咲きました。

うまく人工受粉にも成功して、一粒だけ大きくなってくれました。

風のせいか、今朝自然落下しているのを見つけたので早速収穫しました。

パッションフルーツの食べ方や栄養価などは、ネットで見て下さい。

詳しく載っていますのでね。

写真一番奥の四角い鉢の株に花が咲き、そして着果しました。

結果的に、結実して栄養分を取られたのか、一番成長が遅れました。

passyonn 00336

長径が5Cmで短径が4.5Cmのラグビーボール型です。

このままでも食べられますが表面に少しシワが入ってくる頃が酸味が薄くなり

美味しく食べられそうなので、しばらく常温で保存します。

passyonn 00113   passyonn 00213


スポンサーサイト

マスクメロン、その後

2013.07.26.14:58

夏の花、大きくて派手、真っ赤な花ですがモミジアオイが咲き始めました。

momijiaoi 00136

本日のマスクメロン・・・

受粉させる13節より大きく、草丈も1.2mほどの子蔓も出てきました。

今日までに11節までの雄花、雌花、孫蔓などは取り除いてきましたが

いよいよ大事な処へ差し掛かってきました。

虫や蝶などが毎日やってきていますので、自然交配でも可能かな?と思います。

以前も紹介したように、葉っぱの出ている枝の根っこに花が2つと脇芽の様な

ブツブツが有ります。

それが何なのかが、次第に分ってくると思います。

しばらく注視して見守ります。

momijiaoi 00428

momijiaoi 00518   momijiaoi 00613

右の写真はメロンの雌花の様に見えますが未だ分りません!

カボチャやカンピョウに化けない様に願っています。



オシロイ花

2013.07.20.21:11

グラジオラスを10球植えて5色の花が咲いた事は紹介しましたが

なんと6色目が咲きました・・・・・ご覧の通り黄色です。

我家では、もうこれ以上違った花色は無いと思います。

グラジオラスの向こう側に見えるのは、変わり咲きのオシロイ花です。

昨年も沢山咲いたのですが、今年も家の西側全面に実生苗から咲いています。

osiroibana 05936

普通は赤と白の単色が多いのですが、ご覧の通り色々な色が混色してます。

osiroibana 05728

昼間は萎んでしまいますが、夕方から朝方までキレイに咲いています。

osiroibana 05828


マスクメロン

2013.07.18.15:14

マスクメロンと信じて育てている苗5株ですが、成長にも差が出てきました。

一株は生育不良?肥料あたり?で残り4株はマズマズ順調です。

子蔓がグングンと伸びて小さい株で7節、大きい株で14節まで成長してきました。

kasaburannka 00136

それはいいんですが心配なのは葉の根っこに雄花や雌花や孫蔓らしきものが

ブツブツと有る事です。

13節~16節に出てくる孫蔓の雌花に交配するので12節までは、とにかく

雄花も雌花も孫蔓も全部取り去ってしまうつもりです。

kasaburannka 00328

雌花も沢山有りましたが取り去っています。

マンデビラ

2013.07.17.13:40

室内越冬させて地に戻したサンパラソル・ジャイアント・ピンク(マンデビラ)

遅霜の被害にあったりしたが、今日開花してくれた。

横に植えているグラジオラスの最後の花色は白だった。

10球植込んで、花色は5色だった(何か得した気分)

kasaburannka 01018 kasaburannka 01318

kasaburannka 00118 kasaburannka 00218

kasaburannka 00318 kasaburannka 00418

先日開花したカサブランカ今日4輪目も開花、とってもいい香りが漂っています。

kasaburannka 01528

ノーゼンカズラの下でハツユキカズラがキレイに発色しています。

カラフルレインリリーなど他の花が圧迫されて移植を余儀なくされています。

kasaburannka 01213   kasaburannka 01113

今後は増えてくるハツユキカズラも別の位置に移植しなければなりません。








竜巻情報

2013.07.14.10:52

昨日は、昼からになって竜巻注意情報が六回も発令された。

防災無線で大きな声で放送されるので我家のわんこ達も、その都度ワメキちらす。

ウッドデッキに出て空を見上げると異様に黒くなってきている。

でも竜巻が来る様な模様では無かったので、普通にしていた。

少しすると、にわかに強い雨が降り出し、台風の様なキツイ風が伴ってきた。

慌てて家中のシャッターを閉めまくる。

シャッターの無い小窓から少しだけ覗いて見ると横殴りの強い雨、風だった。

30分ほどで収まったが、こちらに来てから経験した事の無い激しさだった。

屋敷内に有る電柱の南東方向の上空がこんなに暗くなっていました。

tatumaki 00328

収まった後、ワンコ達との散歩の時、近所の物置兼育苗小屋が吹っ飛ばされて

転倒しているのが目に入った。

よく見ると基礎部をアンカーで留めていないのが分る。

tatumaki 00513   tatumaki 00613

用水路左側の荷物が裸になっている所から右側に吹き飛ばされている。

tatumaki 00713   tatumaki 00813

我家への被害は最小限でホッとしました。背の高い2鉢が転倒、外のゴミ箱2個が

飛ばされ空き缶やゴミが散らかった事くらいで済みました・・・ヤレヤレ




パッションフラワー

2013.07.13.13:29

グリーンカーテンとして植えている5株のパッションフラワー

5/18、何故か時期外れに1輪開花し人工受粉にも成功しました。

草丈を測定してみると、短い物で1m~長い物で2.4mとなっています。

5株は各々、親株を切戻し、新芽を挿し芽、枝の途中を挿し穂

して室内越冬させ、この春プランターに植替えしたものです。

やっぱり、親株が一番成長し、が二番、が一番成長が

遅れています。

当然の事ですが、ツボミも花(トケイソウ)も未だ付けていません。

分枝も始まっていますが、2.5m位になったら順次摘心して分枝を

促してやるつもりです。

葉の根元にツボミの元の様なものが、アチラ、コチラに沢山有りますが

ツボミなのかは良く分りません。

july120418.jpg july120518.jpg

カサブランカ

2013.07.12.15:57

五月にフラワーセンターで購入したカサブランカ(オリエンタルリリー:ティアラ)

今日開花しました・・・素敵な花ですね。

july121228.jpg

ついでに3年目でヤット咲いてくれた木立性ベゴニヤ、叢生型(そうせいがた)で

株元から幾本もの茎が同時に大きくなっていくものです。(中央手前)

奥の方の物は、一本の木の様に大きくなって常に花が咲いています。

july121028.jpg

花は数多く咲いています・・・こんな状況です

july120828.jpg

奥の背の高い方は、こんなにキレイな花が咲き続けてくれます。

july120928.jpg

マスクメロンの横のウネが草ボウボウだったので草をひいてやったのですが

昨年のオクラの実生苗がたくさん出てきました。

花オクラか実オクラか分りませんが、勿体無いので数本だけ育ててやります。

july120328.jpg





マスクメロン

2013.07.07.16:39

昨日、親ツルを摘心した5株のマスクメロンを日当たりの良い畑に置き

今後に備えて、支柱を組み立ててやりました。

1株に2個のマスクメロンを(5株だから合計10個)育てる予定です。

上部の竹ざお2本は、マスクメロンの玉を吊下げるのにも使用します。

今すこし心配している事は、本当にマスクメロンが出てくるのか?

種苗メーカーが自衛のため、食した後のメロンの種では、出来ない様に

してあるのでは?(一代交配)・・・など気にはしています。

デモ、それも経験です!・・・カボチャが出てこようとカンピョウが

出てこようと、やってみなければわかりませーん。

網の目がクッキリのマスクメロンか?・・・それともカボチャか?

・・・・・・・・・・・・・・・

masukumeronn 93228

masukumeronn 92928

masukumeronn 93018  masukumeronn 93118





マスクメロン

2013.07.06.20:55

近所の小母さんにメロン(マスクメロン?)の種を貰っていた。

法事のお土産に付いていたメロン(多分マスクメロン?)の種を水に浸けて

いるのだけど、今からでも種を蒔いて出来るやろか?・・・と言われた。

てっきり小母さんが作る事を連想したので

やってみな分らんけど、出来るんちゃう?・・・と気軽に返事をした。

ほんなら、あげるわ!・・・と云う様な、妙ないきさつで

何故かメロンの種を頂いてしまった。

畑には既にプリンスメロンと網干メロンとスイカの苗を植えていたので

地植えする予定のスペースは無かった。

ポットに種を蒔き、芽が出て、葉っぱが4枚くらいの時に鉢植えにした。

アンドン仕立ての様に、竪に仕立てる事を考えていたからなのだ。

一昨年は、近所の人に苗を頂いたので地植えし、取り合えずは採取に成功した。

今回は、育て方をネットで色々と調べて、第一手順を本日処理した。

手順①・・・子ツル2本を残して親ツルは5~6節で摘心する。

masukumeronn 00828

写真上は摘心前、下は摘心した所です(奥の方の白い花辺りです)

masukumeronn 00928

手順②・・・子ツル2本に出てくる孫ツルは、12節までは全て取り除く。

以降は次回に紹介します。

プロフィール

久仁

Author:久仁
古希世代夫婦、認知症の妻に恩返し中、問題行動もわんこ達に助けられながら楽しく笑って暮してるよ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR