黄色の絨毯(じゅうたん)

2013.11.29.12:00

今朝は今シーズン一番の冷え込み・・・なんと初氷が張っていた。

楽しいワンコ達との散歩も手袋の指先が痛い

裏の天神さんに幻想的な景色が・・・

風も無いのに紙吹雪の様にイチョウの葉が舞い散る

さも秋に別れを告げるように散りゆく

あわてて家にカメラを取りに帰る・・・

拝殿が見えないくらいに降り注ぐ・・・

朝日が差して何と美しい事か・・・

fuyugosi 3163328

降り注いだイチョウの葉が、まるで黄色いジュウタンのようだ

fuyugosi 3163528

足跡を拒むように魅せている・・・カエデの秋が寂しく去っていく

fuyugosi 3163618   fuyugosi 3163918



スポンサーサイト

初めて「お地蔵さん」のお世話を

2013.11.28.10:40

一気に冬に突入してしまいました。

冬越しの為に取込んだ花達の為に室内も玄関も手狭感は否めません。

未だ冬越し用の植替えが出来てない5鉢を今日するつもりです。

新しい鉢も土も買ってきたので寒いけど頑張って植替えします。

         

月当番だった「お地蔵さん」のお世話を先日済ませ、後日次の月当番に廻しました。

無宗教の私達でした・・・でも日本古来から人々の心の奥には、お地蔵さんにそっと

手を合わせる、そんな気持ちを持合せているのではないでしょうか。

お世話をする持回りの道具袋の中には、手引書も何も有りませんでした。

越して来て5年目、私がお世話をするのは初めての事なので何をどうしてよいのか?

さっぱり分りませんでした。

お隣さんには「配膳の要領」別の人から「お花を換える要領」又他の人からは

「お賽銭の回収」の事を・・・などなど聞きました。

何時頃にお供えをする?何時頃にお下げする?賽銭は記録を残すのか?

お線香は何本?ロウソクは?お経は何を?水をどの器で何処に?・・・etc.

今回強く感じた事は「手引書が有れば誰でも安心してお世話が出来るのになー」でした。

聞けば、一人びとりで「お祭りの仕方」が違っているのでは?とも感じましたね。

fuyugosi 31418   fuyugosi 31518

これが正解か?・・・どうかは分りませんが配膳の具合を写真に残しました。

最前列には全部お茶を入れていますが、ヒョットして中央の小器2個は「お水」なのでは?

分りません・・・・・。

fuyugosi 31628

今、高齢化がどんどんと進んでいます。

核家族  老夫婦の家庭  要介護等が発生  初めての者が、お地蔵さんの

世話を・・・手引書が有れば、若い人や代理の人などでも出来るのになー・・・。


罰当たりな犯人め!

2013.11.15.19:14

私達の地域のお地蔵さんの前に小さな川が流れている

月に2回だけど順送りで、お地蔵さんのお世話をしています。

今月は我家の担当で前回は、ご飯、おかず、お茶そして花等をお供えしました。

次回は23日の朝一番に、お供えをする予定になっています。

其のお地蔵さんの前には、御参りの人の為に大きな鉄板が敷かれていた。

なんとその鉄板が盗難に遭ったのだ! 幅が1m、全面で4mほどもある。

どうやら昨夜の間にやられたようです。

以前は消防ホース庫の筒先が盗難に遭った事もある

本当に罰当たりな事をする奴がいるものだ!

喰らえ天罰を

警察に届け済みですが、捜査等に影響が有ってはいけないので写真は載せません。

冬越しの準備

2013.11.11.19:30

天気予報に依ると明日から真冬並みの気温となるようだ・・・

最低気温が6~7度となるようですね。

2~3日前からグリーンカーテンのパッションフルーツを撤収し親株を切戻したり

サンパラソル(マンデビラ)を掘起こして鉢に植替えたり、コリウスを挿し穂したり

6月に30本ほど挿し木していたアベリアを小鉢に植替えたり・・・・と

冬越しの準備を色々としているのですが、今日は寒さに弱い花を玄関と室内に

取り込んでやりました。

気温が14~5度以上で暖かい日差しの有る日には、又屋外に出してやります。

fuyugosi 00113   fuyugosi 00213

fuyugosi 00313   

いよいよ明日からは堀ゴタツのお世話になりそうです。


鶴居城山ハイキング

2013.11.04.18:59

東北楽天イーグルスが歓喜、感動の優勝を果たした昨夜から一夜明け

朝方まで雨の残った今日、毎年恒例の鶴居城山ハイキングに夫婦で行ってきた。

標高430m程の山だけど天気が良ければ淡路島や瀬戸大橋も見られるという。

今年で三回目だけど一度も快晴には巡り合えてない

turui-siroyama 00213   turui-siroyama 00113

この地区の方がボランティアでポップコーン、ジュース、お茶などで接待を

帰りには「山菜おこわ」までお土産で頂ける・・・これがチョー美味しい

turui-siroyama 00413   turui-siroyama 00813

中腹での眺めと野球の内野グランド程の広さがある山頂での食事風景

若い人は30分、我々でも50分ほどで山頂まで上がれる手ごろなコースだ

turui-siroyama 01113   turui-siroyama 01313

因みに義兄は70才の記念にと頑張って40分で上がったようだ





プロフィール

久仁

Author:久仁
古希世代夫婦、認知症の妻に恩返し中、問題行動もわんこ達に助けられながら楽しく笑って暮してるよ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR