FC2ブログ

ふれあいの会へ

2016.01.09.11:43

月一回だが区の福祉活動として「ふれあいの会」を開いている

お年寄りの方々が楽しめる様にと、ゲームなど色々工夫してやっている

サポートするのは「ゆずの会」という区内のボランティアスタッフ達だ

私もそのメンバーの一人だが、毎月妻も一緒に参加させている

妻の状況は大体の人に知って貰っているので誰となく気に掛けてくれる

昨日は不要チラシでゴミ箱を折る事に挑戦する

教える先生も、にわか仕込みなのでスムーズにはいかない

出来ても出来なくても、ワイワイと声を出しながら笑いながら楽しむ

CIMG6296-17.jpg CIMG6327-8.jpg

牛乳パックと包装紙を使って個々に花瓶を作る

ハサミで切ったりノリで付けたり適当に折り込んだりと

決めたやり方では無く、みんな好き勝手に作っている

出来上がった花瓶に持ち寄った花木を活けていく

とても素敵な生け花になっているのも有れば、と云うのもある

CIMG6312-17.jpg CIMG6326_edited-14.jpg

スタッフのお世話で稲荷ずし、巻きずし、ぜんざい等が振舞われる

ツル等のお飾りや箸入れ等も全部スタッフ達の手作りなのだ 

CIMG6321-17.jpg CIMG6325-8.jpg

毎月30~40名が参加して楽しんでいる

私は前月に沢山撮影した写真をスライドショーに加工し

食後に大形テレビで見て貰っているが結構好評なのだ

CIMG6331-17.jpg CIMG6323-8.jpg

妻を出席させる事を快く思わない人も居るが

どんな所でにも普通の人と同じ様に連れて出たいと思っている

妻に良い刺激が伝わればと思っている


妻のサポートをシッカリとやっていきます
励みになるのでクリックして応援して下さーい

banner.png              

夫婦二人暮らし ブログランキングへ








theme : ちょっとした出来事
genre : 日記

現実と虚実を行ったり来たり

2016.01.05.14:32

折れた枝を挿し穂していたゼラニュウム

ぬくぬくと室内越冬中、手まり状に花を咲かせてきた

IMG_0616-17.jpg

庭に出て見ると、先日迄ツボミだった日本水仙が開いている

いつもの開花時期になったらどうするつもりなのだろう

この異常な暖かさに、こんがらかってしまったんかな~

IMG_0617-17.jpg

10株ほど植えているサクラソウも咲いているんだ

何だかとっても早いんだけどな~

IMG_0623-17.jpg

                    

きのう月曜日、デイサービスの日、毛布を天日に干した

寝る時に 「ふっかふかにしたからな~」 と言うと

私、初めての所は寝られるかな~」 と妻が

 まァ~ いいか  「気持ちいいから寝てみ~

                    

兄が亡くなる日、見舞って夜中に家に帰り着いた時

玄関前に車を止めた 「ここ 何処?」 と妻がポツリと言う

家やで~ 」 「みんなが待っとるで~

                    

お通夜の日、湯棺が終わり通夜式までの間に犬の散歩の為に一時帰宅

わんこ達のシッコ、ウンコと給餌も済ませ、再び通夜の会場に戻る時

ポツリと妻が 「何処へ行くの~

お通夜式の途中で家に帰っていたからな~ 

もう一度お通夜の会場に戻るんやで~

                

お昼ご飯の後に食器も洗い休憩していると妻がキッチンに戻り

食器や湯呑みや皿等を出してきたり水を汲んで来たりご飯を入れて来たり

テーブルと台所の間を行ったり来たり延々と2時間くらい繰り返す

昼食後でも夕食後でも時々こんな異常行動を起こす

途中で止めるとエスカレートするので時々声は掛けるが制止はしない

時間と状況を見計らって場面転換の助け舟を出す・・・例えば

疲れたやろ~ 買い物に行く予定やったやろ、そろそろ行こうか~とか 

疲れたやろ~ 後は明日にして休憩したらどないや~

と自主性を尊重した言いかたをすると

ほんなら チョッと片付けるわ~ と言って片付け始めてくれる

どんな場面でも「受け入れる」「押付けない」「制止しない」など

チョッとしたやり方で問題行動をやり過ごす事が出来る

色々と経験してきて「急がせない」でやり過ごせる事が多くなった

IMG_0607_edited-10.jpg IMG_0608_edited-8.jpg IMG_0609_edited-7.jpg

テーブルと台所を何回も行ったり来たり

IMG_0610_edited-9.jpg IMG_0611_edited-8.jpg IMG_0612_edited-8.jpg

興奮状態に近い時も有るが制止させようとする事は逆効果になる

IMG_0613_edited-8.jpg IMG_0614_edited-7.jpg IMG_0615_edited-8.jpg

足腰が弱っているのだから、良い運動をしているわい 

位の気持ちで見守る事が肝要なのだ


妻のサポートをシッカリとやっていきます
励みになるのでクリックして応援して下さーい

banner.png              

夫婦二人暮らし ブログランキングへ


theme : ちょっとした出来事
genre : 日記

お別れの正月になった

2016.01.04.11:57

奇跡を続けていた兄が逝ってしまった

医師の宣告に近い29日の深夜だった

最後の日以外は意識がハッキリしていた、話しも出来た

毎日の様に見舞ったが辛いお別れになった

                  

「家に帰りたい、家に帰りたい」と言っていた兄貴は

大晦日も正月も家で安らかに眠っていた

「よく頑張ったね、今まで有難うね」と言ってお別れした

苦しまないで旅だった兄貴は、それが最後のプレゼントの様な気がした

                 

2日にお通夜、3日に葬儀を終えた

嫁に出した一人娘が最後の最後まで献身的に尽くした

親を看取る事が出来た、やり遂げた気持ちも有ったと思うが

涙もろい姪っ子は、事の度にボロボロと涙していた

優しかった兄の想い出を紹介する私の震える口も式場内に涙を誘った

                  

今朝は何だか、全てが終わった様な不思議な感じがする

ブログで一報後、お悔やみを頂戴した皆様にお礼を申し上げます

丁寧なお返事が出来ていませんが本当に有難う御座いました

医師の宣告が年賀状も出し難い時期だったので、何処にも書いてない

訃報の連絡と共に妻の近況をお知らせするハガキになるけど

妻をデイサービスに送り出した今パソコンに向かっている

                    

妻はこんな時期でも記憶は出来ない

直面している場面では悲しみを露わにするが

アチラコチラと移動する車中でも何が有ったのか分からない

ベッドでお通夜、葬儀などの話をしても何が有ったのか頭に残ってない

家でも会場でも妻をトイレにつれ、子供の様にだが足させてあげる

オシッコが漏れ溢れる事の無い様にしてあげる

出たね~良かったな~と言ってやると 良かった~と返してくれる

それでも妻を同行して一緒にお別れをした

常に手を取り合って移動する夫婦に気付いたシスターが

「微笑ましくて嬉しくなります」 とささやいてくれた

「お大事にね~」 とも、ささやいてくれた

素直に受け取る事にし 「ハイ」 と答えた


妻のサポートをシッカリとやっていきます
励みになるのでクリックして応援して下さーい

banner.png              

夫婦二人暮らし ブログランキングへ











theme : いま想うこと
genre : 日記

プロフィール

久仁

Author:久仁
介護度5の認知症妻に恩返し中、わんこ達にも癒されながら楽しく笑って暮してる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR