FC2ブログ

今シーズン初の積雪

2019.01.28.11:08

最近の天気予報はよく当たる

日曜の朝一番にリビングから外を見ると雪

土曜の夕方から降っていた、やはり今シーズン初の積雪
 
(リビングから南東側を見る)
IMG_5542-17.jpg

(同じく南西側の玄関前を見る)
IMG_5541-17.jpg

玄関先からリビングルームを見る)
IMG_5546-17.jpg

道に出て玄関周りを見る)
IMG_5544^17

(雪が積もってない道から前庭全体を見る)
IMG_5543-17.jpg

(振り返ると城山の眺めの中を通過していく播但線の車両)
IMG_5545-17.jpg

とっても綺麗で雪国みたいな景色も昼過ぎにはすっかり消えてしまいました


わんこ達は好んで雪の中を匂いを確認しながら歩くので

玄関にたどり着いた時には四本の足先全部が雪ダルマ状

濡れた服を脱がそうとするも足先の雪だるまが邪魔で脱げない

大きなタライにお湯を張り足先の雪ダルマを溶かしてやる

この辺りは毎年一回や二回はこんな日がある





前日の次男の記事を読んで下さった皆さん、本当に有難う御座いました

わざわざコメントも下さり本当に嬉しいです

スポンサーサイト

軽井沢で活動する息子の記事です

2019.01.26.11:06

2001年から軽井沢でのクマ対策の活動を始めた次男

C.W.ニコルさんとの関わりや北海道でのヒグマ調査員やエゾシカの

調査研究を経て運命的に軽井沢にたどり着き、クマ問題にベアドッグを

日本で初めて導入し試行錯誤していく状態や初代ベアドッグ、ブレットとの

悲劇の別れを経て現在の二代目ベアドッグでの日本で初めての繁殖に成功

したことなど感動させられる内容となっています。

是非、 をクリックして見てやって下さいね

竪穴式住居で犬と暮らし、クマに思いをはせる。
日本初のベアドッグハンドラー、田中純平。


記事の内容は下記内容の順番で綴られております。

ベアドッグハンドラーと7頭の犬
C.W.ニコルに送った手紙とその返信
恩師の言葉
運命を感じて軽井沢へ
恐怖との闘い
目を疑う光景
試行錯誤の訓練
悲劇のお別れ
ベアドッグの可能性
新たなベアドッグの誕生

以上、クラシコムジャーナルの記事より転載しました。



昨年は多くの皆様方より日本初のベアドッグの繁殖に挑戦への

クラウドファンディングに応援を頂き無事に成功する事が出来ました

ベアドッグとしての検査に合格した2頭の赤ちゃん達、いよいよ今年から

三代目のベアドッグとして活動を開始できるようになると思います。

クマの問題に悩まされている日本各地に活動が広がって行く事を願っています。



生活の全てをクマ問題の為に犠牲にしたような暮らしの為

妻は9年間さらに私は11年間も息子と会えていませんでしたが

近々親子の再開が叶えそうです

認知症で要介護5の妻が自分の息子を認識してくれる事を祈るばかりです。





時にはカラオケも良い

2019.01.24.10:32

先日の18日はひだまりカフェ(認知症啓発)に出席

出席者14名の内、男性は私一人で後は全員女性だった

最初にちょっと質問をしてみた

お一人暮らしの方はどの位いらっしゃいますか?

なんと、驚く事に半数の七名の方が一人暮らしだった

老夫婦二人暮らしなどはごく普通に、当たり前の様になっており

昔の様な3世代同居の大家族は数えるほど、核家族化の終末みたいだ

それでもマダ、この辺りは田舎だからご近所付き合いが有るので

完全なる独居老人というわけではないのだが

いざ何かの事が有った時には、どうするのだろうかと思ってしまう


さてさて「ひだまりカフェ」とは認知症に対する情報交換の場として

何でも気軽に話し合える場として町が提供している形だが

私がそれらしい話をする以外は、何の関係も無い井戸端会議の域を出ない

私もそれを遮ってまで認知症関連の話をしなければとは思わない

まあ、家に閉じこもっているよりは出て来る事に意義が有ると思うので

皆さんには出てきて何でも話をしましょうやと告げる事にしている


前回は殆ど話す事もしなく

担当者がチラシを小さく巻いた物を準備されていて

鍋敷きの作り方を説明をされいた、指の体操の一環なのだろう

チラシを小さく巻いた物をカタツムリの様に黙々と巻き込んでいった

たまには良いだろうが・・・本来の目的からは外れかけていると思う


ひだまりカフェの後に続いて食育活動の「ひだまりレストラン」が有るが

遠慮した(予め予定していたカラオケに行く為に)

認知症がチラホラと心配になっている独居の83才のご婦人と

ピアノ、ハーモニカが上手い音大出の様な声量の80才のご婦人と

30年振りに本格的なカラオケで歌う私との三人で

3時間ほどたっぷりと腹の底から声を出して歌ってきた

ワンドリンク付でカラオケ歌い放題で ¥450 メチャ安だ

地域の裕福なご老人が400万円のカラオケを寄贈されたのだとか?

また行ってきたいが、そのチャンスは月に1~2回有るだろうか?


今日はこれからスパローリズムのハーモニカの会に行って楽しんでくる

先日のカラオケの時に偶然知ったハーモニカの上手な知人男性

招待しているのだが、顔を見せてくれるのだろうか?




theme : ちょっとした報告
genre : 日記

スパローリズム

2019.01.23.11:06

昨年4月、ひだまりカフェ(認知症啓発)で或るご婦人がハーモニカを吹かれた

ハーモニカを本格的に演奏されている私のブロ友さんの事もあって

一気にハーモニカが欲しくなり直ぐにアマゾンで購入した

ほどなくして、ひだまりカフェの参加者の中から

ハーモニカを楽しむ会が立ち上がった

さくらんぼの会と命名された

私が自由時間が取れるデイサービスの日程に合わせて

月2回だけど集まって楽しむ事がスタートした



一方で気ままなカフェの事も同時期に知った

福祉車両を借りて妻も連れて行ってやる事が出来る

或る日、終わり際に先のご婦人と私とで5分ほどハーモニカを吹いた

きまカフェを運営しているボランティアスタッフさんが厨房の中で聞いていた

自然発生的に、私にハーモニカの購入依頼が入ってきた

そんなことで昨年9月からハーモニカを楽しむ第二グループが誕生

スパローリズムと命名、やはり私のデイサービスの日程に合わせ

昨年9月より、月2回集まってハーモニカを楽しむ事が始まった

私の他は女性ばかり6名、総勢7名のメンバーだ


先生月謝はどの位にさせてもらいましょうか と聞かれた


私は4月からハーモニカを始めたところで先生でもないし

皆さんとハーモニカを楽しみたくて来ているだけですからね

と正直な気持ちを告げた


以前書いたスパローリズムのブログ記事

クリックして覗いて見て下さいね スパローリズム



昨年末、最終回の日にリーダーの方からご祝儀袋を渡された

お断りをしたが、皆の気持ちだけだからと言われ返す事が出来なかった



まあ又、楽譜なり資料代にさせてもらおうと頂戴して帰った

帰ってから中を見ると大金(¥15000)が入っていた

これは頂戴する分けにはいかんなと思案する


名案が浮かんだ・・・ハーモニカの為の楽譜集を贈ろう

一冊¥2500+税 これで全部お返し出来る事になるし

資料を作るのもこれを利用すれば助かる

IMG_5528-17.jpg

今年の初回は女性軍のイベントで流会となったが

代表の方にお届けしてきた

二月には発表会も控えているので皆で頑張ろう



theme : ちょっとした報告
genre : 日記

例え偶然でも褒めてやる

2019.01.22.10:49

偶然なの ・・・ かもしれないが、変化を見逃さない

一日24時間、一年365日ず~と尿取りパッドを付けての生活だが

この二か月ほどの間に7~8回だけどトイレで排便した事がある



最初は単なる偶然、いや偶然では無く必然だったかも分からない



着衣を脱がせ便器に座らせた妻に、いつもやっているトイレでの作業は

① 温水ウオッシュレットでお尻洗浄をする時に温水を正確にヒットさせる為

   妻の左脇下に私の右手を差し込み下手投げの状態で傾いた妻の態勢を

   起こし左手で妻の右大腿部を中心側に押し込み直立した状態をつくる

② 肛門を中心に汚れを洗浄していくように背中側、右側、左側、前側と

   次々と温水が当たる様に妻の体を両膝と両手を使って洗っていく

③ おしり洗浄からビデに切り替えて陰部洗浄をしていく

   この時、温水が股間を抜けて私の体に噴射させない様に

   妻の足の上に専用タオルを掛けて飛散防止をする

④ 次に陰部回りの内股汚れをペットボトルスプレーで洗っていく

  (350mlペットボトルに温水を入れて噴射ノズルを取付けたもの)

⑤ 最後にトイレットペーパーで全体的に水分を拭き取る


    ここがポイントだと感じている点


肛門を拭く時、汚れが少しづつでも次々と付着する時は、残っている

ウンチが出てくるサインだと考える事が排泄誘発のコツの様な気がする

妻の態勢を少し前傾にしてお腹に圧迫感を与えたり下腹を摩ったりして

少しの時間経過を待つとウンチが出てくれる事がある

首尾よくウンチが出てきたら、思いっきり褒めてあげる

100点満点の200点やで~ とか 300点や~ 

とか妻の顔を見て行ってやると嬉しそうにする

トイレ室内から出るまで、褒めて、褒めて、いい気分で終わらせる



排尿に関しては水の摂取量や時間的なものが有るので難しいが

尿取りパッドは進化しているのでトイレに固執する必要はないと思う



よくあるのは便器前で紙パンツ、尿取りパッドを下す時に

妻は完全な直立態勢は取れないので重心位置が後ろ後ろとなり

自然と下腹付近に力が入ってしまうのだろうが

紙パンツを下す最中に、ついつい残っている尿を排尿してしまい

ズボンやズボン下や便器などを汚してしまう事が有るが

これは仕方がないのだと思う



theme : 思うこと
genre : その他

言葉使い一つで・・・

2019.01.21.13:17

正月からアッという間に三週間が過ぎた

本当に要介護5の認知症なのだろうかと思えるほど

穏やかな日々を送る事が出来ているので幸せなんだと感じる

でも・・・先日の16日少し嫌な思いをさせられた

その日は裏の畑に早い時間から義兄が来ていた

10時からの認知症介護家族の会に間に合うように出かけた

車の窓から畑に居る義兄に一声掛けた

私・・・「家族会に行ってくるわな~

義兄・・・「はい、はい

家族会を終えて12時過ぎに帰宅する、当然昼なので義兄の姿は畑には無い

コープの宅配日なので玄関先に一週間分の荷物が置いてある

急いで伝票と品物を確認して冷蔵庫に整理して納める

午後は歯医者の予約が有るので急いで昼食をとる

二時からの予約時間に間に合うように出かける

その時は裏の畑に義兄の姿は無い

午後三時ごろ歯医者から帰宅すると裏の畑には義兄の姿が有る

帰ったよ~とクラクションでプッ、プッと義兄に知らせる

畑の義兄はチラッと私の車に視線を送る

妻がデイサービスから帰ってくる迄にといつもの様に

わんこ達の散歩に出掛けると裏の畑の義兄がひとこと


長い家族会やったんやな~ と私へ


私は昼にも帰っているし歯医者にも行ってきたのに   

あっ午前中の介護家族の会のついでにどっかで遊んできたと思い

皮肉を言っているのだろうか

だから義兄に言った

デイサービスの日でないと歯医者にも買い物にも行かれへんからな

正月に義歯が壊れたので今日に予約をしてたんや~

と少し嫌な気持ちで返答をした



こんな風に言葉と云うものは言い手の感情と

受け手の感じ取りとは大きな開きが出ると実感した

言い手が何も悪く考えて居なくて発した言葉でも

受取り手には違った思いを抱かせると実感した


こんな風にして、お互いの感情にズレが出て来るんだなと実感した


 4日(金):デイサービス
 7日(月):デイサービス
 8日(火):インフルエンザ予防注射を夫婦で受けに行く
10日(木):デイサービス
       スパローリズムハーモニカ)中止
11日(金):ふれあいの会へ夫婦二人で出席
14日(月):デイサービス
        さくらんぼの会ハーモニカ
16日(水):デイサービス
        にじの会(認知症介護家族の会
        午前コープ宅配日
        午後歯科医院
18日(金):デイサービス
        ひだまりカフェ(認知症啓発)
        午後から3時間・カラオケ
19日(土):ケアマネジャー来宅
21日(月):デイサービス




theme : ちょっとした報告
genre : 日記

インフルエンザの予防接種を

2019.01.09.10:13

 今まで一度もインフルエンザの予防接種を受けた事が無かった

  更には夫婦ともインフルエンザにかかったと云う記憶がない

   風邪では医者に行った事が無いからかも知れないが

      風邪は市販薬を飲むだけで済ませていた


 町から届くインフルエンザ予防接種の案内もいつも捨てていた


でも年齢を考えると体力も免疫力も治癒力も落ちているだろうと考え

 年末に町内の内科医院に予約をしていたので昨日行ってきた

   車イス用の福祉車両の借受予約をしていなかったので

   自分の軽ワンボックスに妻と車イスを乗せる事にした

    軽といってもワンボックス車は床面が高いのか

     お姫様抱っこして乗せるのにも一苦労した

        4~5年前までは出来たのに



副作用で熱とか異常が出ないか心配したが現在は二人とも何ともない

    取り越し苦労はしない方が … ヤレヤレ 😥







theme : ちょっとした報告
genre : 日記

トイレでの介護は

2019.01.07.11:15

便器の前で何とか立位が保てる時は下のイラストの様に

中腰の私の肩に妻の手を持ってきてシッカリと掴むように告げる

肩をチャンと持ってよっ~ と何度も言ってやるが意味を理解できない時や

つかむ事が出来ても、23 秒で肩から手を放してしまう事が多い

更には膝を曲げ、腰を引いてしまうので立位が取れなくなる

最悪の時は、そのまま便器の上に尻もちをついてしまう

パッドの中が尿だけの時は態勢が崩れてもさほど問題ないが

困るのは便が尿で緩んで軟便状となっている時は、上肢や便器に付着してしまう

この態勢が一番楽で簡単に着脱が出来るのだが・・・
衣類着脱-67
お尻側のパッド装着を確認するのは立った状態でないと目視や修正が出来ない

このイラストの様に妻の体に絡み付くようにして妻が倒れない様にして行う
衣類替え-68
寝たきり状態になってしまったらベッド上での排泄介護になるので

トイレを使う事がなくなり、現在とは全く違う方法になると思う

その時は、30分単位でケアーしてもらえる訪問介護なども利用するつもり

一時間¥1250で出張お風呂サービスも利用出来るのでベッド脇を広くする様に

ベッドルームの模様替えや断捨離が急務となってくる


立位が段々と難しくなっているが可能な限り普通の生活をさせてやりたい

車イスでデイサービスにも行けるし散歩も連れて行ける

ソファーに座ってテレビを見たりハーモニカを聞かせたりも出来る

ベッドでの寝たきり状態には最後の最後まで絶対させないつもりだ





theme : ちょっとした報告
genre : 日記

穏やかな正月だったが

2019.01.04.16:28

新年、明けましておめでとうございます

在宅での老々介護人生には盆も正月も有りません

でも、お陰様で穏やかな2019年の新春を迎えられています



暮れの28日~正月3日までは、デイサービスの無い完全在宅介護

テレビを見る事以外は正月らしい事を何一つしなかったのですが

暮れに知人から丹波の黒豆を3合ほど頂戴していたので

20時間ほど水に浸しておき圧力鍋で炊きました

少しの歯ごたえを保ちながらも形が崩れない程の柔らかさ

我ながら美味しい黒豆を作る事が出来て大満足



介護の為にと年賀状納めを連絡してから既に3度目の正月となる

それでも20通近くの年賀状が届いた、ユックリでも返信しなければと

昨日はデイサービスだから時間が取れるので年賀状を求めに郵便局へ

そして以前から考えていた介護用具の試作用材料をH.Cへ探しに出掛けた

IMG_5520-17.jpg

これだけ見ても何やこれは? と思うだろうが

現在の私に一番切実な問題となっている介護用具を作る為だ

立位を保つのが難しい妻、トイレでの衣類の脱ぎ着は大変な作業となる

介護用品のカタログは数多く有るが私が必要としているものは何処にも無い

水道用硬質塩化ビニル管と継手を利用し試作した  これは上部

IMG_5521-17.jpg

  こちらが下部・・・といっても分からないだろうが

IMG_5523-17.jpg

こんな風にトイレ内で使う為の物、マツバ杖と思って貰えば分かると思う

プラスチックのハンガーは写真を撮る為に置いただけで関係ないもの
 
IMG_5524-17.jpg

左右の脇の下に入れ込んで、立位が取れない妻の体を預ける

IMG_5525-17.jpg

下部はトイレ室内の壁で広がらない

IMG_5526-17.jpg

これは断捨離したカバンに使っていたベルトを再利用し

妻の体と私の首を連結して妻が後方へ転倒しないための物

IMG_5527-17.jpg

ここまでは作ったものの課題はマダマダ山積み

トイレ入口から妻の両脇を吊上げる様に後ずさりし

便器前で相撲のうっちゃりの様に吊上げて態勢を入れ替える

片手で妻を抱え、折り畳み人形の様な妻の両脇にマツバ杖を入れ込む

両方にマツバ杖を入れ込んでも重心が後ろに有るので後方に転倒するので

それを防ぐ為、上の連結ベルトを使って私の首で妻が転倒しないようにする

ズボンやズボン下、紙パンツ等を首尾よく下ろせたとしても

妻の体重を支えながら両方のマツバ杖を外して壁に立て掛け便器に座らせる

簡単そうだが簡単では無い



便器に座らせても真っ直ぐに座れずに左側に傾く

そのままではウオッシュレットが正確にヒットしないので

私の右手を妻の左脇の下に入れ込んで下手投げの態勢を作り

体を起こしながら前後に揺すりながらお尻を洗っていく

最後は陰部回り前面全域をお手製のペットボトルスプレーで

丁寧に洗っていく・・・最低でも1日3回はこの作業をする



1日24時間、一年365日ず~と紙パンツ、尿取りパッドを装着しているので

尿かぶれやカユミを防ぐ為には、これが最低限の事なのだ



私の右肩は常に腱鞘炎気味で痛い、毎日右肩へホッカイロを貼って

この痛みがひどくならない様に気を付けている


theme : ちょっとした報告
genre : 日記

プロフィール

久仁

Author:久仁
介護度5の認知症妻に恩返し中、わんこ達にも癒されながら楽しく笑って暮してる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR