FC2ブログ

私の心を大嵐が通か

2018.09.29.20:37

私の心に巨大台風が通り過ぎた

長年犬派だった私が、この子ネコ達のお陰で

心を鷲づかみにされメロメロに溶かされてしまった

何も知らずに( )食後のひと時、妻の二度寝に寄り添う子ネコ

奥が黒ちゃん、手前がみ~こ私もこのまま時が過ぎるのを疑う事がなかった

IMG_5382-22.jpg

命を救う活動をされている「チーム命の輪」さんにラインを入れた

里親が決まっている点ちゃん(仮称)と、この二匹は責任を持って飼うからと

ラインの返事は無かった、保護ネコの引取り時間は午前11時だった



黒ちゃんはいの一番にこの家に慣れ私に懐いた子、み~こもその次だった

全盲のももちゃん(最長老犬)を、庭でトイレ散歩させていると

いつも必ずノドをゴロゴロと鳴らしながら私の足元にまとわりついた

ももちゃんを親と思いたいのか体を摺り寄せていった



来宅されたチーム命の輪代表が私に語りかけた

何度も何度も、繰り返し繰り返し私が悩みつづけた事を

話を聞いている内に私の理性を揺さぶられ涙が出て嗚咽しそうに

何度も揺れ動いた私の心を代表は優しく諭して行く

聞かされなくとも全て私の心に閉じ込めていた事ばかりだ



泣きながら決心をする、最後までしっかりと面倒をみられる里親さんに託そうと

全介護の妻もこれからどの位手が掛かるのか、3匹のわんこ達とて同じこと



それがこの子達の幸せにもつながるんだと震える心に言い聞かせる

自然と涙がこぼれてしまうが、一匹づつ抱き抱え代表のキャリーケースへ

最後の二匹の子は異変を察したのか物陰から出てこようとしない

もう私には無理やり確保する気力が残っていない、代表にまかせる


里親さんが決まっている点ちゃん

この2週間以上、5匹が引っ付く様に寝ていたのに

点ちゃんだけ引渡しの10月5日まで一人にさせるのは忍びない

代表に頼んだ、この子も10月5日まで他の子達と一緒にさせて欲しいと

代表は快く了解してくれた、そのうえ当日に家まで連れて来てくれると


考えない様にしているのに、涙が出てくる

考えない様にしていても、それから何度嗚咽しそうになったことか


夕べ、あれだけ初めての室内で騒ぎジャレまくった5匹の子ネコ達

まさか、こんな事になるとは予想はしていなかっただろうに

    

以下の写真は昨夜、始めての室内でジャレまくった子達です

説明はしません、最後の方は今朝の状況です

IMG_5348-17.jpg

IMG_5349-17.jpg

IMG_5350-17.jpg

IMG_5351-17.jpg

左のグレーの子〔点ちゃん〕、背中に一箇所白い所があります

IMG_5353-17.jpg

IMG_5354-17.jpg

IMG_5355-17.jpg

IMG_5357-17.jpg

真ん中が里親さんが出来た点ちゃんです

IMG_5360-17.jpg

IMG_5362-17.jpg

右側が点ちゃんです

IMG_5363-17.jpg

右側が点ちゃんです

IMG_5364-17.jpg

顔が見える子が点ちゃんです

IMG_5366-17.jpg

点ちゃん、背中の白い点がよく分かります

IMG_5367-17.jpg

下から追っかけているのが点ちゃん

IMG_5368-17.jpg

IMG_5369-17.jpg

今朝の状況です

IMG_5370-17.jpg

IMG_5372-17.jpg

IMG_5373-17.jpg

今朝の食後に居眠りを始めた妻と寄り添う黒ちゃんです

IMG_5374-17.jpg

IMG_5375-17.jpg

IMG_5376-17.jpg

IMG_5377-17.jpg

IMG_5378-17.jpg

IMG_5379-17.jpg

IMG_5380-17.jpg

ブログを書いているこの時間、いつもの時間に戻っています

少なからずストレスをかけ続けていたわんこ達

その分、思いっきり優しくしてやりました





スポンサーサイト

theme : ちょっとした報告
genre : 日記

comment

Secret

No title

2018.09.29.21:52

大丈夫ですか・・・・・・・・・・・・・・・・


ブログが更新されるたびにメロメロになっていくこと、
徐々に久仁彦さんの心の中で「この家の子」になっている様子を感じてました。

このまま里親が見つからなければいいな・・・・・・なんて勝手に思い始めていました


猫を知らなかった人が、猫の魅力にとりつかれ
ものすごく癒されている様子・・・

とてもあたたかい絵本の物語に触れているようなほっこりした気持ちになっていました

近くの道(旧国道)を通るたびに、今頃遊んでいるかな、それをリビングから眺めているかな・・・、
ほんと心温まってました。



結末としては・・・・


あまりにも切ないです・・・・・・





私が久仁彦さんにもしもの時は、猫ちゃんを引き取る!と
決心がつけば、誰も悲しい思いしないのに

久仁彦さんにも奥様にもきっとすごくいい時間がこれからたくさん持てる、

そう思っても、今朝ギリギリまで決心がつきませんでした

でもこのままでは後悔する!と、心を決めました

もっと早くに決心すればよかったのに、メールするのがギリギリになってしまってすみません



高齢者は先のことを考えると飼ってはいけない・・・
確かにそうですが

でも高齢者にこそ動物は必要・・・だと、私は思います
それも人間の身勝手なのでしょうか
私は猫は人間のために生まれた動物だと思うんです


今からでもどうにかならないでしょうか

知り合って数日の私がもうあまり出しゃばらないほうがいいのでしょうか・・・

切なくて胸が痛すぎます


こんばんは

2018.09.30.00:00

ブログを読ませていただき、胸が痛くなりました。
私も涙が出てとまりません。
久仁さんにかける言葉がみつかりません。
でも「猫ちゃんたちは幸せ猫です」
元気を出してね!

ごきげんよう。

2018.09.30.09:43

辛い時間でしたねv-356
お父さんの涙の分、幸せになれますように願います v-220v-17
プロフィール

久仁

Author:久仁
介護度5の認知症妻に恩返し中、わんこ達にも癒されながら楽しく笑って暮してる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR