FC2ブログ

ついに兄が黄泉国へ

2015.12.31.10:31

奇跡を続けていた兄が黄泉の国へ旅立ってしまった

                   

    12月29日、深夜23時07分だった

  落ち着いているからと病院から帰路に付いた

     私達夫婦が家に着いた頃だった

       兄は、まだ75才なのに

                   

         優しい兄だった

   私が苦しい時、何にも云わず助けてくれた

 若い時に難病を患い、ず~と薬漬けの生涯だった

  気持ちが滅入り死にたいと思った事が有ると

     でも頑張ったよな~ 孝ちゃん

   普通に暮らせていたもんな~ 孝ちゃん

     よく歩いていたな~ 孝ちゃん

 ベッドの枕元に千羽鶴が有ったよね、孝ちゃん

 親戚でもない子供を良く可愛がっていたんだって

     その娘さん達が大きくなって

孝ちゃんが入院していると聞いて折ってくれたんだって

 私には千羽鶴を折ってくれるような人、居ないと思う

最後のお別れは義姉さんと愛娘夫婦だけだったんだよね

   でも人生を全う出来たと思うよ、孝ちゃん


妻のサポートをシッカリとやっていきます
励みになるのでクリックして応援して下さーい

banner.png              

夫婦二人暮らし ブログランキングへ

スポンサーサイト



theme : いま想うこと
genre : 日記

comment

Secret

No title

2015.12.31.17:36

ご冥福をお祈り申し上げます

No title

2015.12.31.18:50

優しいお兄さんだったのですね。

ご冥福をお祈り致します。

No title

2015.12.31.18:52

こんばんは~。

とても残念に思います。
でもお兄様も家族に見守られて良かったと思います。

主人の事を思い出しました。

ご冥福をお祈り致します。

No title

2015.12.31.20:24

優しいお兄さんだったんですね。

こんなに兄弟に思われて幸せに旅立たれたでしょうね。


ご冥福をお祈り申し上げます


お兄さん

2016.01.01.13:08

ご冥福をお祈りいたします。

久仁さんが病室へ通い、懐かしい話や日常の楽しさを話されて、
お兄さんの気持ちも、どれほど和まされたか、、

できることを、しっかりされたのですから、、お兄さんにも伝わったのだろうと思います。

本当に、ご苦労様でした。

No title

2016.01.02.03:03

つい先日、お見舞いに行かれた話を読んだところでした…
ご家族に見守られて旅立つ。
幸せだったでしょうね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

No title

2016.01.03.09:40

お兄様年末に旅立たれたのですね。

75才お若い旅立ちですが、永遠に生き続けることは出来ないのですから。

ご冥福をお祈りします。
プロフィール

久仁

Author:久仁
介護度5の認知症妻に恩返し中、わんこ達にも癒されながら楽しく笑って暮してる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR