介護の辛さは

2017.03.12.14:01

              認知症
             要介護度3
          高度障害者控除対象者

    でも、日々穏やかに暮らせている事には幸せを感じる

                        

      一見すれば普通に暮らしている様に見えるだろう

  外から見れば何事も無く、安気な暮らしをしていると思えるだろう

「認知症と云っても、物忘れが酷くなっている程度なんだろう」と思うだろう

                        

           その手をウンチで汚し

          その目で見たくない物を見

       その耳にイラつく言葉を投げかけられ

    その口に言いたい事を飲み込まなければならない

                        

何も経験をしていなくても、色々と他人から聞いた事が有るから分かるよ

           と・・・大抵の人は言うだろう

         と・・・大抵の人は思っているだろう

                        

 でも介護の辛さや苦しみは、介護を経験した者にしか分からないだろう

         だから分かって貰えるとは思わないが

          労いの気持ちだけは持って欲しい


                        


          今朝の出来事を紹介してみよう

             普通の状態の人なら

       手が出るか、口が出るかするかも知れない

         でも今の私はどちらもスルー出来る

                        

    朝食の合間にワンコ達を一匹づつシッコとウンコをさせに外へ

    食事はいつも35cm角のプレート(お盆)にワンプレートを乗せ

       ジャムのビンとポタージュスープのカップを乗せ

          クロワッサンを5分割に小さくして乗せ

       味噌汁の小分け、ブロッコリー、バナナ等を乗せ

    ポタージュスープだけは自分で飲む様に誘導するのだけれど

          その他は、ほぼ私が口まで運んでやる

今朝はクロワッサン2切れを残したところでワンコがシッコだと言いだした

      なのでいつもの様に順番にワンコを外へ出してやる

一匹目が済んで帰った時クロワッサンも食べずお人形さんの様にしてた

二匹目が済んで帰った時、私のプレートにポタージュスープを流している

三匹目が済んで帰った時、妻のプレートにポタージュスープを流している

四匹目が済んで帰った時、ジャムのビンにポタージュスープを流し込んでいる

    カ~と頭に来るが、言っても仕方ないので言葉を飲み込む

でも言ってやった 「こんな事をして、良いと思うんか~

             妻は 「いいや(ノー)」と言った

         この度は、言葉のやり取りは成立しているが

            大概は嚙み合わない事を返される

        例えば 「 お父さんも、し(せ)んか~ 」 とか

            「 こないせな、アカンねん 」 とか

          正論でのやり取りが成立しない事が殆どだ


   妻のサポートをシッカリとやっていきます
励みになるのでクリックして応援して下さーい

   banner.png              

   夫婦二人暮らし ブログランキングへ






































スポンサーサイト

theme : ちょっとした出来事
genre : 日記

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2017.03.12.21:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2017.03.12.22:53

おっしゃる通りです、介護の辛さ苦しみは介護を経験した人でないとわかりません。
私も介護している人やしたことのある人と、お互いにそれと同じことを何度も言いました。

でも久仁さんはとっても理性的な方ですね。
スルーできる とおっしゃってます。

私は二人いる娘によくメールでいろいろ発信しました。
娘たちはそのたびに褒めたり なだめたりしてくれ、私は誰かわかってくれる人がいるからそれでいいや と思ったものです。

スルーしたり我慢したりも 積もり積もればストレスになります。
解消方法もどうぞ考慮なさって下さい。

そのためのブログではありましょうが。

No title

2017.03.13.07:28

おはようございます。

私には想像すらできないコトが多々あるのでしょうね。。。
私の母は 寝たっきりの祖父を8年間介護していました。
動けない祖父は 不満を思いっきり母にぶつけ 手当たり次第母めがけて投げつけていました。
口も達者ですので暴言もしかり・・・

母が加齢で ベットに横たわる毎日になった時に ものを口にしなくなりました。
点滴も拒否。
見舞いに実家に帰った時に理由を聞いたら 義姉に自分と同じ苦労をさせたくないの一点張りでした。
トイレも兄の戻るのを待っていておんぶをされてトイレに。

それだけ 祖父の介護が大変だったのでしょうね。

私は今ニャン姫の事だけでも 時には根を上げてしまいそうになります。
まして久仁さんは奥様。
楽しい生活を経験されているだけに 現在の思いは大変な事でしょう。

飲み込まずに 時には吐き出してください。
久仁さんが 倒れてしまったらどうにもなりません。
どうぞ ご自分を労ってくださいね。

No title

2017.03.13.10:49

出来過ぎている旦那様です。これだけ愛を持って介護されている人は珍しいと
常々思っています。半分こですよ!!

私の母は高齢だったし久仁さんを見ているとどんなに楽だったかと思いますが、それでも4人で当番で廻っていましたよね。
しかも近くに二親を介護している従姉妹がいたので、二人で親の事、たいへんだよね~~~としゃべりあって、ストレス解消していましたよ。

親孝行だねと言われていたけど久仁さんを見ていると、悪い子供だったな!!と今では思っています。

 正論でのやり取り出来る人が身近にいるといいんですけどね。



No title

2017.03.13.13:39

皆さんから 素敵なコメントが来ていますね

久仁さん ご自愛くださいね

頑張りすぎずにね

totoroka-sanさん

2017.03.14.11:45

totoroka-sanさま、いつもコメントを有難う御座います

totoroka-sanの様に介護を経験された方は、有難い事に

本当の事を分かって下さいます

介護家族の会などでも同じように分かってくれます

小さな事は気にしない、病気なんだから、とやり過ごす事に

務めてきました、ブログでは本当の事を書いて来ました

あれやこれやで、私のストレスは殆ど軽減されていると

思っていますが、それでも知らない間に積もっている物が

有るんですよね、それは気を付けなければと思います

有難う御座いました



圭さん

2017.03.14.11:51

圭さん、親身なコメントを有難う御座います

圭さんの紹介された様な事を介護家族の会でも聞きます

それぞれ問題は違っても色々とご苦労が有るんですよね~

ブログで吐き出して、皆さんに聞いて貰って私のストレスは

殆ど溜める事無く過ごせていると思います

でも知らない間に溜っていてワンコ達に大きな声を出して

しまって後で後悔する事が有ります

気を付けていきます、有難う御座いました

しーちゃん

2017.03.14.11:57

しーちゃん、いつもコメントを有難う御座います

形は違っても介護はそれぞれ大変なんですよね~

妻はマダ体が動きます、動かなくなってからの事も考えます

その時は、その時で肉体的にもしんどい事になるだろうと

思っていますが余り先々を考えない様にしています

今日一日、二人が穏やかに暮らせれば万々歳と

思っています、有難う御座いました

まるちわすみれさん

2017.03.14.11:59

まるちわすみれさん、いつも有難うね~

私は大丈夫ですよ、わりと楽観主義者なんですよ

No title

2017.03.14.15:30

初めて読んだとき・・・
切なくて 何と書いていいかわからなかったです

今も どう書けばいいのかわからないです

同じ立場になった人にしか
本当に理解することはできないと思うので
安易に 大変ですね 頑張ってくださいなんて
言えません・・・

でも そういえば
わたしの父の父親はしばらく違う世界にいて
トイレの壁を う○ちだらけにしたり
玄関が おし○この 海だったり

そんな 後片付けをしていたことがありました
ほんの 1年ほどですが・・・

わたしが一番最初に家に帰ってきていたので
仕方がないと言うか 当たり前と言うか・・・

母親は20歳そこそこのわたしに片づけをさせるのが
嫌だったようですが

わたしは そんなことをしてたことを 忘れるくらい 
あんまり 気にしていなかったようです

でもね この祖父は大嫌いでした(笑)

話がずれていってしまっていますが
胸が ぎゅーっと なっりました

無理はしないでくださいね

あしたさん

2017.03.15.11:40

あしたさん、いつもコメントを有難う御座います

昔から同じ様な事が繰り返されていたのだと思いますが

現在では情報量が昔と全然違いますからね~

妻が普通に元気だったら経験できない事を沢山経験出来て

います、悪い事ばかりでは有りませんよ

妻を愛おしく思う気持ちや感謝の気持ちは病気になってから

湧き出てきたものが多いと思います

プロフィール

久仁

Author:久仁
古希世代夫婦、認知症の妻に恩返し中、問題行動もわんこ達に助けられながら楽しく笑って暮してるよ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR