FC2ブログ

ベッドで初の排便処理

2019.12.29.21:09

ベッドでの排泄処理が始まった

便器では温水で充分な洗浄がしてやれた

前部の処理はポータブルのスプレーで水洗いが出来た

ベッドではどうしたものかと考えていた

幸い、まだ排尿の清浄だけでよかったので楽だった

排便時の処置はどうしたものかと思案していたら知人が探してくれた

これは、どうなんやろ~と検索してくれて何件か見つかった

    差し込み便器 と云う商品名だ
IMG_6044-86.jpg

早速アマゾンで注文したら今日届いた

単価は2000円ちょい、兎に角購入した

早速今夜役に立つ時が来た

IMG_6047-86.jpg

便器での様にはいかないが、ポータブルのスプレーで洗浄してやれる

汚物は拭き取って別に取り除く(燃えるゴミで出せる)

汚れている所はスプレーで洗い流す

濡れティッシュやティッシュは便器に流せないので

これからは便器に流せる濡れティッシュを買っておかなければ!

今日困ったのは汚物を拭きとっても、次々と便が出て来る

今までは便器に座らせた状態で下腹部をマッサージなどして

かなりの量を排便させる事が出来ていたが

寝ている状態の時には、そうもいかない

摘便と云う言葉は知っているが医療行為だと聞いている

取り敢えずは、汚れている部分だけを清浄してやるしかない

今度は、この差し込み便器で排便させる事を勉強しなければいけない

でも取り敢えず購入した「差し込み便器」が即、役に立った

ベッドでの排泄処理は、今までの便器前での体力勝負的な事がないので

私にとっては、体力的には楽になったのかも

後は、要領良くを覚えていかなければ







theme : ちょっとした報告
genre : 日記

予測通りの状態となってきた

2019.12.26.22:10

認知症患者としては、いきつくとこ迄行きついた様な妻

さほど変化のない状態を結構長い期間を過ごしてきた


非常に症状の変化の多かった要介護度2~3の時期は

その辛さや状態をこのブログで克明に記録してきた


しかしながら症状が進み、最後に残された運動機能まで

その全てを失おうとしている

半年ほど前の私の予測が残念ながら現実のものとなってきた

このブログのカテゴリー「認知症」の所で全てを書き綴ってきたが

仮に半年ほど前の記事を下に貼り付けます

令和になっても変わる事はない


この時は、まだトイレでの排泄介護が出来ていた

便器前で何とか立位を作りオムツの上げ下げが可能だった

温水ウオッシュレットにて、お尻や陰部回りの洗浄が丁寧にしてやれた


しかし先日から立位を作り出す事が出来なくなった

どう介助しても、膝を伸ばして立位状態にする事が出来ない

立位でなければ、便器前でオムツの上げ下げが出来ない

だからウオッシュレットでの、お尻や陰部回りの清浄が出来ない



両脇を抱えて車イスから便器前まで連れ込む事は出来るが

その先が不可能となったので、いよいよベッドでの排泄処理となる


今までギックリ腰まがいで、2~3回ベッドでの排泄処理の経験は有る

まだオシッコだけの時は、お尻用濡れティッシュで何とかなるが

パッドへ排便時のベッドで寝かせての処理を経験していない

介護職を経験された方に介助方法を少しは聞いているので

何とかしのいでいかなければならない

訪問看護を受ける事も出来るが介護用ベッドのレンタルが要求されそうだ

しばらくは現状のベッドで排泄介護を実践し慣れていかなければと



その他の事は、認知症なんだろうかと思えるほど

穏やかで世話のし易かった妻だがいよいよ最終段階の

ベッドでの排泄処理をする介護に突入してきた


しかしながら寝た切り状態にさせる訳にはいかないので

今まで通りの車イス生活を維持させてやろうと思う

車イスでもお尻に常に体重圧が掛かるので

お尻の肌などに床ずれ混じり(じゅくそう)が出始めている


これから更に介護の勉強が必要になってきた





theme : 思うこと
genre : その他

初めて豚の角煮を

2019.11.07.20:28

絶品の圧力鍋ごはん の記事に

言葉足らずの所が有りました、ごめんなさいね

私が使っている圧力鍋は最も一般的と思われる

最高圧力80Kpaのものです。

加圧時間は各圧力鍋のメーカー種類により異なります

それと、この時期ですと新米が出回っていると思いますが

新米の場合は10~20CC 水を減らす必要が有ります

これらの事を、書き忘れておりました

遠音さん、コメント下さって有難う御座いました

それと中央のオモリ部から蒸気が出、オモリが動き出してから

火を弱めずに暫く置くのは、その方がご飯のもちもち感が増す気がします

(これは私の我流ですからね、因みに10秒ほど置くのが良かったです)

しかしながら置き過ぎると、こげつきがおきますので、ご注意して下さいね

まるちわすみれさん、私も同じ気持ちで圧力鍋を使えていませんでした

爆発しないだろうか  などと何となく怖い気がしてね

でも今は、朝、昼、晩、平気に使っていますよ



今回の記事は、圧力鍋で作る豚の角煮を紹介します

ど素人の記事です、可笑しいところが有るかもしれません

何しろ初めて圧力鍋で作った豚の角煮の記事ですから

豚バラブロック:670g  ちょっと大きいので 半分に切断しました
DSC_0013-14.jpg DSC_0014-14.jpg

食べやすい大きさの6分割にしました
DSC_0015-28.jpg

豚バラブロック6個とショウガの千切り、シメジを入れて調味料を
DSC_0018-28.jpg

調味料は  水  :200cc
        焼酎:50cc
        砂糖:30g
        みりん30cc
        醤油:40cc

強火でオモリ部から蒸気が噴出し回転し始めたらその状態で10秒おき

弱火にして25分間煮ます
DSC_0019--28.jpg

いい感じで出来ました、少なそうですが夫婦二人だけなので十分です
DSC_0020-kakuni-28.jpg

器によそってみました、脂っこいのも好きなので油抜きなどしてません
DSC_0021-kakuni-28.jpg

次回はイワシを煮た時の記事です

妻はスイカでもブドウでも柿でも種を口で分けて出せなくなっています

魚の骨を出す事など出来るわけも有りません

そこでイワシを圧力鍋で煮ると、まるごと全部食べられるんです

妻の為に有るような料理となっています




theme : ちょっとした報告
genre : 日記

絶品の圧力鍋ご飯

2019.11.02.12:39

圧力鍋の魅力を知るには

まず毎日、毎食、食べているご飯が

あれ、このご飯、ごっつい美味しいと思える事

今までは、炊飯器で一日分を炊いて食べていたが

同じ米を使って炊いたのに、全く別物の美味しいご飯だった事に

驚きを感じて、それ以来ずーと、その都度圧力鍋で炊いている


炊飯器は炊き上げるのに45分ほど時間が掛かっていたと思うし

保温する為にも一日中電気を使っていた

おまけに食べきる最後のご飯は、やっぱり食感も味も落ちてる


今は夫婦で一合のご飯を、圧力鍋でその都度炊いている

理由は、簡単に美味しいご飯が毎回食べられるから

私流の圧力鍋でのご飯の炊き方を紹介します


  圧力鍋の蓋が閉まった状態     圧力鍋の蓋が外せる状態
DSC_0019-33.jpg DSC_0020-33.jpg

   蓋を外して並べて置いてます
DSC_0021-67.jpg

  米とぎボール(お米を入れて洗い、右のスリット部から水切りします)
IMG_6002-27.jpg

  よく水切りしたお米を圧力鍋に入れます(これは、お米が一合です)
DSC_0022-67.jpg

   計量カップで水を200cc(お米が一合の時)を準備します
DSC_0023-67.jpg

圧力鍋に水を加えて15分ほど浸します

蓋をして強火(IH最強の一つ下)で加熱します

30秒ほどしたら赤いフロート式安全ピンが上がります

60秒ほどで中央の圧力調整オモリ部から蒸気が噴出して

オモリも回転して動き始めます

この状態から私は10秒数えて

弱火(IHで弱の一番上2)にして5分間加熱します

オモリの状態はユックリ動いている感じです

あとは放置しておくだけです

加熱が終わってから15分もしたらムラシも出来ています

(蓋を開ける前に赤いフロート式安全ピンが下がっているのを確認)

これで、めっちゃくちゃ美味しいご飯が食べられますよ




theme : 日々の暮らし
genre : 日記

穏やかに過ごせて

2019.10.31.20:01

運動機能までも失う認知症の最終段階

歩く事はもとより、立つ事させ出来なくなったが

まだまだ寝た切り状態にはさせたくない

ベッド生活にはさせたくないと思い

この車イスで日中は過ごさせる

穏やかな日には、このまま散歩にも出掛ける

顔の表情も、この様に穏やかな事が多い

テレビ等で報道される様な荒れ狂った状態はまるで無い

IMG_5997-27.jpg

一時期、飲み込みが出来難くなり、

異常に増え続けていた体重もドンドンと下降したが

今はベスト体重に近いのではと思う(30年間ほど37Kgだった)

食べさせるにも色々と工夫は必要だったが

今は割合何でも食べてくれている

特に最近始めた圧力鍋で炊くご飯や料理は

信じられない程、喰い付きがいい!

痩せ具合が心配だったが今は見方によるとふっくらと見える

思うに認知症でも味覚までは奪われていないのだと実感する

何故かって? 美味しいものは、よく食べる事が分かったから(笑)

下の写真は最近買った新しい圧力鍋

作れる料理の事は又、別の記事に載せようと思うが

今は毎食、この圧力鍋でご飯を炊いている

今までは炊飯器で一日分を炊いて食べていたが

その炊飯器は、今は倉庫の中へと押しやってしまった

圧力鍋の魅力を、良さを、力説したいが長い記事になるので

改めて別記事で紹介したい

IMG_5999-27.jpg

ハッキリと言える事は、同じ米なのかと思えるほど

炊飯器と圧力鍋では、ご飯の美味しさが際立って違うのだ

勿論、極端に短い時間で炊く事が出来るから電気代も当然違う

乞う次回の記事にご期待を!圧力鍋は凄いぞ!



theme : ちょっとした報告
genre : 日記

プロフィール

久仁

Author:久仁
介護度5の認知症妻に恩返し中、わんこ達にも癒されながら楽しく笑って暮してる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR